国際

  • 印刷

 【ベルリン共同】ドイツ西部ヘッセン州のシェーファー財務相(54)が28日、州内の鉄道線路近くで死亡しているのが見つかった。自殺とみられ、ブフィエ州首相は29日の声明で、シェーファー氏が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う財政支援策を巡り「住民の期待に応えられるか悩んでいた」と述べ、危機対応への苦悩が背景にあったとの見方を示した。

 地元メディアによると、シェーファー氏は24日、感染拡大を受けた補正予算案を州議会に提出した。ブフィエ氏は、シェーファー氏が「非常な重圧を感じていたようだ」と語った。

 同氏は、キリスト教民主同盟(CDU)に所属。

国際の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ