総合 総合 詳報

  • 印刷
 再審で無罪となり、大津地裁前で万歳する西山美香さん(中央)ら=31日午後
拡大
 再審で無罪となり、大津地裁前で万歳する西山美香さん(中央)ら=31日午後
 大津地裁に向かう西山美香さん(左から3人目)と弁護士ら=31日午前
拡大
 大津地裁に向かう西山美香さん(左から3人目)と弁護士ら=31日午前

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者=当時(72)=の人工呼吸器を外し殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手西山美香さん(40)の再審公判で大津地裁(大西直樹裁判長)は31日、「患者が何者かに殺されたという事件性はない」として無罪判決を言い渡した。

 再審公判で検察側は「被告が有罪との新たな立証はせず、裁判所に適切な判断を求める」として求刑をしていなかった。

 判決理由で大西裁判長は、患者の死因について「致死性の不整脈や、たんの吸引が行われなかったことによる低酸素状態に陥った疑いがある」とし、自然死の可能性が高いと判断した。

総合の最新
もっと見る

天気(8月4日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ