スポーツ

  • 印刷

 東京五輪が来年7月23日に開幕することが決まったことを受け、金メダル獲得を期待される野球の日本代表候補選手らは31日、改めて決意を語った。昨秋の国際大会「プレミア12」で優勝に貢献した西武の源田壮亮内野手は「また来年の目標になった。今年はシーズンが開幕したら頑張るだけ。来年はまた五輪も頭に入れて頑張る」と気持ちを新たにした。

 エース候補の巨人の菅野智之投手は「延期になったのは残念だが、今は自分ができることをしっかりとやるしかない」と冷静に受け止めた。西武の山川穂高内野手は「全員が万全であっての五輪。だからこそ価値がある」と来夏に決まったことを歓迎した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ