生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 日本臓器移植ネットワークは1日、西日本地方の病院に入院していた6歳未満の子どもが3月31日午後8時53分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。6歳未満の脳死の公表は17例目。

 心臓は国立循環器病研究センター(大阪)で10歳未満の女児、肺は京都大病院で10歳未満の女児、肝臓は熊本大病院で10代男性、腎臓は水戸医療センターで10代男性にそれぞれ移植。膵臓と小腸は家族が提供を承諾しなかった。

 6歳未満の子どもは脳の回復力が強いと考えられるため、脳死判定の基準が厳しくなっている。18歳未満では虐待の形跡がないことも確かめる。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ