経済 経済 新商品

  • 印刷

 みずほフィナンシャルグループは1日、新型コロナウイルス感染拡大による株価下落を受け、2020年3月期連結決算で394億円の損失を計上すると発表した。傘下のみずほ銀行などが保有する株式の価格が下落し、評価損が発生した。

 この損失は債券などの運用収益で埋められる見通しといい、20年3月期の純利益予想は4700億円のまま据え置いた。配当予想も変更しない。

 19年4~12月の評価損は65億円だったが、感染拡大による景気停滞観測から株安が進み、20年1~3月には329億円の損失が生じた。

経済の最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ