社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 広島県廿日市市で2004年10月、高校2年北口聡美さん=当時(17)=をナイフで刺殺するなどしたとして、殺人などの罪に問われた無職鹿嶋学被告(37)=山口県宇部市=を求刑通り無期懲役とした広島地裁判決が2日、確定した。控訴期限の1日までに検察側と被告側の双方が控訴しなかった。

 鹿嶋被告は起訴内容を認めており、争点は量刑だった。弁護側は暴行目的の突発的な犯行だったとして有期刑を求めたが、3月18日の地裁判決は「暴行に失敗したことや自己の境遇に対する怒りを北口さんに向けた。動機は身勝手極まりない」などと指摘した。

社会の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ