社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 整列する陸上自衛隊宮古島駐屯地の幹部ら=5日、沖縄県宮古島市
拡大
 整列する陸上自衛隊宮古島駐屯地の幹部ら=5日、沖縄県宮古島市

 陸上自衛隊の宮古島駐屯地(沖縄県)で5日、地対空・地対艦ミサイル部隊の発足を記念する式典が開かれ、本格的な活動が始まった。近年、中国軍の航空機や艦艇が宮古島-沖縄本島間を頻繁に通過しており、防衛省は南西諸島の防衛強化を進めている。

 宮古島駐屯地は2019年3月、警備隊約380人で発足。今年の3月26日にミサイル部隊が置かれて約700人態勢となり、当初計画された陣容が整った。

 式典では、駐屯地司令の佐藤慎二1等陸佐が「われわれの配備は島しょを守り抜く断固たる意志を示し、南西地域の部隊配備の空白を埋める一助となる」と訓示した。

社会の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 40%

お知らせ