社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京・池袋のホテルで女性に依頼されて殺害したとして、嘱託殺人罪に問われた元大学生北島瑞樹被告(22)=埼玉県入間市=に東京地裁は6日、「人命の価値を軽視し、反社会的だ」として懲役5年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。

 弁護側は自らの欲求や利益のためではなく利他的な目的だったなどとして、保護観察付きの執行猶予判決を求めたが、井下田英樹裁判長は「被害者の事情を深く知りもせずに軽々しく自殺に関与することが人助けであるはずがない」と指摘し、実刑が相当だとした。

 井下田裁判長は理由の言い渡し後、「命の大切さや重みを改めてよく考えてほしい」と説諭した。

社会の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ