社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 日弁連の荒中会長は6日、黒川弘務東京高検検事長の定年を延長した閣議決定の撤回を求める声明を発表した。検察官の定年の63歳から65歳への引き上げや、定年延長規定を盛り込んだ検察庁法改正案にも反対した。

 声明では、これまで検察官に定年延長が適用されないと解釈されていたのは「人事に政治の恣意的な介入を排除し、独立性を確保するためだ」と指摘。解釈を変更し、黒川氏の定年を延長したことは「法の支配と権力分立を揺るがすと言わざるを得ない」と批判した。

 政府は1月31日、黒川氏の定年を半年間延長することを閣議決定。検察庁法改正案は今国会の成立を目指している。

社会の最新
もっと見る

天気(5月31日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 23℃
  • 17℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 20℃
  • 50%

お知らせ