スポーツ

  • 印刷
 捕手の防具を着けて、下半身強化の練習に取り組む西武の(右から)森、山川、外崎、川越=メットライフドーム(同球団提供)
拡大
 捕手の防具を着けて、下半身強化の練習に取り組む西武の(右から)森、山川、外崎、川越=メットライフドーム(同球団提供)

 西武の山川穂高内野手、外崎修汰内野手、川越誠司外野手が7日、メットライフドームで自主練習を行い、捕手の練習に挑戦した。股関節の強化などが目的で、防具を着用して森友哉捕手の指導を受けながら、慣れない練習に取り組んだ。

 ワンバウンドしたボールを体で止める練習で山川は「めっちゃきつい。汗がやばい」と悪戦苦闘。内外野を守れる万能選手の外崎も「思うように体が動かなかった」と捕手の動きの難しさを感じたようだった。

 開幕の時期が見通せない中で、工夫して練習を重ねている。山川は「重たい防具を着けてあんな動きをする。捕手はすごい」と感嘆。森は「いい練習になった」と笑った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 18℃
  • 40%

  • 25℃
  • 20℃
  • 50%

  • 25℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ