社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 警視庁は8日、渋谷署の留置場で勾留していた50代の男について、新型コロナウイルス感染を確認したと明らかにした。潜伏期間の目安とされる2週間以上前から勾留されており、高熱が出ているという。警視庁で勾留している人の感染確認は初めて。一方、町田署の男性警察官の感染も分かった。

 警視庁によると、男は今月2日夕に発熱し、6日に都内の病院を受診、8日に感染が判明した。発熱した2日、留置場の同部屋には他に2人を勾留中で、同日中にそれぞれ単独の部屋に移した。

 発熱前の2週間は別の2人が男と同部屋だった。

社会の最新
もっと見る

天気(8月4日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ