スポーツ

  • 印刷
 カージナルスでの現役時代のハミルトンさん(右)とモリーナ=セントピーターズバーグ(AP=共同)
拡大
 カージナルスでの現役時代のハミルトンさん(右)とモリーナ=セントピーターズバーグ(AP=共同)

 米大リーグのワールドシリーズ(WS)の優勝リングも手にした元選手が医師に転身し、新型コロナウイルスとの闘いに挑む。2010年からカージナルスで2季プレーしたマーク・ハミルトンさん(35)。10日にニューヨークにある医大を卒業し、遅くても6月にはウイルスの感染が集中している同地で医療現場に立つと8日、メジャー公式サイトが伝えた。

 主に代打で47試合に出場し、チームは11年にWSを制した。引退後は医師の道を第二の人生に選んだ。最初は新型コロナの患者が多い内科で勤務する予定。「怖い。でも、やるべき仕事があるのだからベストを尽くす」と使命感をにじませた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ