生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 福岡県篠栗町立篠栗中学校のランチルームのテーブルにセットされた手製の仕切り。左は考案した松本修校長=16日
拡大
 福岡県篠栗町立篠栗中学校のランチルームのテーブルにセットされた手製の仕切り。左は考案した松本修校長=16日

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け休校が続く福岡県篠栗町立篠栗中学校で、給食再開に備え、福岡の人気豚骨ラーメン店「一蘭」の独特の構造にヒントを得て、飛沫感染を防ぐ仕切りの製作が進められている。

 篠栗中のランチルームには、10人ずつ向かい合って座る幅約70センチの細長いテーブルが38列あり、全校生徒と教職員計700人近くが集まって給食を取る。

 仕切りの発案者は、4月に赴任したばかりの松本修校長。隣席を仕切りで隔てる一蘭の「味集中カウンター」を参考に、技術科の教諭らと製作を始めた。左右を仕切る“本家”の形ではなく、テーブルの真ん中に置いて対面での感染を防ぐ。

生活の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ