社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 送検のため福岡・南署を出る渡辺祐樹容疑者=23日午前
拡大
 送検のため福岡・南署を出る渡辺祐樹容疑者=23日午前

 福岡市南区のうなぎ店で包丁を持った元従業員の男が6歳と3歳の姉妹を人質に立てこもった事件で、福岡県警は23日、逮捕監禁致傷などの疑いで無職渡辺祐樹容疑者(35)を送検した。姉の右手指のけがは渡辺容疑者が包丁で負わせたと判断し、容疑を切り替えた。

 捜査関係者によると、渡辺容疑者は店主(36)に借金があり、給料の前払いも受けていた。事件数日前に解雇されており、「店主の態度が気に入らなかった」と供述。県警は雇用や金銭問題を巡り、一方的に恨みを募らせたとみて調べている。

 渡辺容疑者は午前9時10分ごろ南署を出発。上下グレーのスエット姿で足早に護送車に乗り込んだ。

社会の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ