社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 朝日新聞阪神支局に飾られた小尻知博記者の遺影の前で、手を合わせる男性=3日午前、兵庫県西宮市
拡大
 朝日新聞阪神支局に飾られた小尻知博記者の遺影の前で、手を合わせる男性=3日午前、兵庫県西宮市

 朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)で記者2人が散弾銃で殺傷された事件から33年となった3日、亡くなった小尻知博記者=当時(29)=の写真を飾った祭壇が支局内に設けられた。訪れた人は、祭壇の前で「事件を次の世代に語り継ぐ」と決意を新たにした。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため外出自粛が呼び掛けられていることもあり、例年と異なり、追悼に訪れる人はまばらだった。

 小尻記者の初任地の岩手県で取材を受けたことがある千葉県立白井高教諭の沼山尚一郎さん(56)は、遺影に手を合わせて「休校中の学校が再開すれば、生徒に事件や小尻記者のことを伝えたい」と話した。

兵庫がもっと好きになるニュースお届けします。「神戸新聞ニュースレター」の購読は、下のフォームから。

利用規約に同意の上、登録ボタンをクリックしてください。

社会の最新
もっと見る

天気(5月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ