国際

  • 印刷

 【ロンドン共同】中国の全国人民代表大会(全人代)で香港での国家安全の法律制定に関する決定草案が発表されたことを受け、欧米4カ国は22日、一国二制度方式を定めた中英共同宣言で保障された香港の高度な自治が損なわれかねないと非難し、中国側に再考を促した。香港を巡る国際的な干渉を嫌う中国の反発は必至だ。

 ポンペオ米国務長官は声明で「一方的かつ恣意的」に同法を香港に押し付ける行為だと批判し、香港自治の「終わりの前兆」と強調した。ラーブ英外相とオーストラリアのペイン外相、カナダのシャンパーニュ外相は3カ国で共同声明を発表した。

国際の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ