スポーツ

  • 印刷
 オスナブリュック戦の後半、競り合うハノーバーの原口(左)=オスナブリュック(共同)
拡大
 オスナブリュック戦の後半、競り合うハノーバーの原口(左)=オスナブリュック(共同)

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ2部リーグで23日、ハノーバーの原口元気は敵地のオスナブリュック戦で試合終了間際までプレーし、3-2の後半40分に駄目押しのゴールを決めた。今季5点目で、チームは4-2で勝った。原口は1-2の後半途中にも同点につながるPKを獲得した。

 ハノーバーは17日のドレスデン戦が延期され、この試合が新型コロナウイルスの影響による中断明けの初戦だった。

 ザンクトパウリの宮市亮は敵地のダルムシュタット戦にフル出場。チームは0-4で敗れた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ