スポーツ

  • 印刷
 シート打撃で安打性の当たりを放つソフトバンク・内川=ペイペイドーム(代表撮影)
拡大
 シート打撃で安打性の当たりを放つソフトバンク・内川=ペイペイドーム(代表撮影)

 ソフトバンクの内川聖一内野手が24日、ペイペイドームで行われたシート打撃に参加し、4打席で安打性の当たりを3本放った。久々の実戦に近い形式で好結果を残し、オンラインでの取材に「手応えは正直まだ感じていないけど、芯に当たったのはプラス」と納得の表情だった。

 春季キャンプ中に左膝を痛め、3月は2軍戦で調整。「久々にドームで打席に立って、150キロ近いボールを見るのは今年初めてに近い感覚」と言うが、さすがの対応力だった。25日に始まる紅白戦へ向け「試合になって(手応えを)感じられることを期待している」と意気込んだ。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 40%

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ