国際

  • 印刷
 25日、ロンドンの英首相官邸で発言するカミングス首席顧問(AP=共同)
拡大
 25日、ロンドンの英首相官邸で発言するカミングス首席顧問(AP=共同)

 【ロンドン共同】新型コロナウイルス対策の外出制限に違反した疑いが浮上しているジョンソン英首相の側近カミングス首席顧問が25日、記者会見し、息子の世話を親類に託せるよう中部ダラムまで遠出したと釈明した。外出制限を巡る政府指針には違反しておらず「適切な行動」だったと主張、辞任する考えはないと強調した。

 カミングス氏は会見で、3月下旬に官邸職員が次々と新型コロナに感染する中、妻も体調を崩したと説明。自身も感染すればロンドンの自宅で4歳の息子の面倒を誰も見られなくなると懸念し、ダラムの両親宅の敷地内にある小家屋に滞在するのが最善と判断したという。

国際の最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ