国際

  • 印刷
 東部デラウェア州の戦没者慰霊碑を訪問したバイデン前米副大統領=25日(AP=共同)
拡大
 東部デラウェア州の戦没者慰霊碑を訪問したバイデン前米副大統領=25日(AP=共同)

 【ワシントン共同】新型コロナ感染拡大を受けて自宅にこもっていたバイデン前副大統領(77)は25日、約10週間ぶりに外出し、マスク姿で地元の東部デラウェア州の戦没者慰霊碑を訪問した。一方、トランプ大統領(73)はマスクを着けず、首都ワシントン近郊の国立墓地などを訪れた。

 この日は戦没将兵記念日の祝日。民主党の大統領候補指名が確実なバイデン氏に対し、トランプ氏はツイッターで「この50年で寝ぼけたバイデンほど中国に弱腰だった者はいない」などと批判を連発した。

 バイデン氏はジル夫人と共に黒いマスクを着け、記者団に「家の外に出るのは気持ちいい」と答えた。

国際の最新
もっと見る

天気(7月15日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ