経済 経済 新商品

  • 印刷

 いすゞ自動車は26日に発表した2021年3月期の連結業績予想で、本業のもうけを示す営業利益を前期比64・4%減の500億円とした。売上高は18・3%減の1兆7千億円を見込む。片山正則社長は電話による記者会見で「世界の需要は今後落ち込みが本格化し、厳しい時期が続くだろう」と述べた。

 同時に発表した20年3月期連結決算は、売上高が3・2%減の2兆799億円、純利益が28・4%減の812億円と減収減益だった。国内で小型トラックの販売台数が伸び悩んだ。

 自動車業界では、トヨタ自動車が21年3月期の連結営業利益予想を前期比79・5%減の5千億円と発表している。

経済の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ