スポーツ

  • 印刷

 阪神の矢野燿大監督が、攻撃力向上を期して近本光司外野手を2番打者に据え、開幕へ準備を進める考えを示した。キャンプ中から適性を試してきた監督は「今の段階では僕の中では2番近本はやっていきたいと思っている」と27日までに広報を通じた取材に答えた。

 1年目だった昨季は主に1番でチャンスメークに努めたが、セ・リーグ新人安打記録を塗り替えた巧打による好機拡大を期待。出塁すれば、盗塁王に輝いた俊足を生かせるとあって、攻撃的なつなぎ役に適任と見込む。

 監督は野手陣の調整に「2軍の試合もある。そちらにも出て、多く打席に立って状態を上げてもらう」と短期間で仕上げていく。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ