スポーツ

  • 印刷
 紅白戦に登板し、2回を完璧に抑えたソフトバンク・高橋礼=ペイペイドーム(代表撮影)
拡大
 紅白戦に登板し、2回を完璧に抑えたソフトバンク・高橋礼=ペイペイドーム(代表撮影)

 左太もも裏痛で出遅れていたソフトバンクの高橋礼投手が28日、今季初めて紅白戦に登板し、2回を完璧に抑えた。ペイペイドームのマウンドに六回から上がり、今宮健太、松田宣浩両内野手はともに変化球で三振に仕留めた。オンライン取材に対し「自分が1軍に残るために死ぬ気でやらないといけない場所。そこで投げられたのが大きかった」と力強く言った。

 持ち味の速球は最速136キロだった。「140キロに迫る真っすぐが投げられないと。球速だけではないけど大事。結果は良かったけど、あまり納得する内容ではない」と自らを戒めた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月15日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ