経済 経済 新商品

  • 印刷

 【北京共同】中国国家統計局と中国物流購買連合会は31日、5月の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が50・6だったと発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で外需の低迷が続き、前月から0・2ポイントの小幅下落だった。市場予測を下回ったが、好不況を判断する節目の50は3カ月連続で上回った。

 国内需要が回復し、食品関連や石油、自動車などの生産が伸びた一方、海外向けの新規受注が振るわなかった。

 物流連合会は「輸出相手の多様化や防疫物資の輸出が増えたことで、急激な落ち込みは緩和された」と指摘した。

経済の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ