生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 佐賀平野の秋の風物詩として知られる世界有数の熱気球大会「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の大会組織委員会が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため今年の大会を中止する方向で調整していることが1日、関係者への取材で分かった。大会全体が中止になれば、1980年の開始以来初めて。

 10月30日~11月3日の開催を予定していたが、国内外から集まる多数の選手や観客の集団感染リスクを避けられないと判断した。事態を見極めながら代替大会の開催も検討するという。

 40回目となった昨年の大会にはアジアや欧米から16の国・地域から120機超の熱気球が参加した。

生活の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 23℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ