生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 JR渋谷駅で新ホームの運用が開始され、出発する埼京線の車両(左)。右奥は山手線=1日午前
拡大
 JR渋谷駅で新ホームの運用が開始され、出発する埼京線の車両(左)。右奥は山手線=1日午前

 JR渋谷駅では1日、従来の場所から北へ約350m移動し、山手線と並んだ埼京線新ホームの運用が始まり、乗り換え時間の短縮につながりそうだ。1日早朝まで50時間以上のロングラン工事で、1996年3月、渋谷駅に埼京線が開通して以来、24年を経て不便を解消。渋谷駅は周辺の再開発と連動し改造を進めており、今後は山手線ホームの拡幅も予定する。

 JR東日本によると、埼京線は新ホームの運用開始で、ハチ公改札や南改札と直接行き来が可能になった。長さは約310m、幅は旧ホームより約2m長い最大12m。旧ホームは、新南改札と新ホームをつなぐ連絡通路として使用を続ける。

生活の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ