スポーツ

  • 印刷
 デレク・ジーター氏(ゲッティ=共同)
拡大
 デレク・ジーター氏(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米ミネソタ州ミネアポリス近郊で黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に暴行されて死亡した事件を巡る抗議活動は、スポーツ界では米国だけにとどまらない。

 大リーグのマーリンズで最高経営責任者(CEO)を務める元ヤンキース主将のデレク・ジーター氏は1日、ツイッターで「これは有色人種の間であまりにも多く起こっている話だ。人種差別に終止符を打ち、厳しい罰で対応する時が来た」との声明を出した。

 サッカーのドイツ・リーグでは一部の選手がアンダーシャツやユニホームの袖に「ジョージ・フロイドさんに正義を」と英語で記した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月16日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

お知らせ