社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 2017年に茨城県日立市の県営アパートで妻子6人を殺害し火を付けたとして殺人罪などに問われた無職小松博文被告(35)の裁判のうち、詐欺罪などの区分審理初公判が2日、水戸地裁で開かれ、小松被告は「覚えていないので、何とお答えしていいのか分からない」と述べた。結城剛行裁判長は被告の記憶喪失を認めた上で、弁護側の公判停止の申し立てを退けた。

 弁護側は、被告が勾留中の18年11月26日に心肺停止となり、後遺症で事件当時の記憶が欠落していると主張。防御する能力に欠けている可能性が高く、訴訟能力に問題があるとして、刑事訴訟法に基づく公判停止を求めた。

社会の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ