生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 対局を前に駒を並べる折田翔吾四段(右)と大橋貴洸六段=3日午前、大阪市の関西将棋会館(日本将棋連盟提供)
拡大
 対局を前に駒を並べる折田翔吾四段(右)と大橋貴洸六段=3日午前、大阪市の関西将棋会館(日本将棋連盟提供)

 将棋の棋士編入試験を経て、悲願のプロ入りを果たした折田翔吾四段(30)は3日、大阪市の関西将棋会館で行われた第92期棋聖戦1次予選の1回戦で大橋貴洸六段(27)に敗れ、デビュー戦を白星で飾れなかった。

 折田四段はプロ棋士養成機関「奨励会」の最高位、三段まで昇段したが、規定の成績に届かず退会。アマチュア時代は、将棋ユーチューバーとしても活躍した。しかし、夢を諦めきれず現行の編入試験に挑み、今年2月、今泉健司四段(46)以来2人目の合格者となった。

 プロ棋士になるには奨励会を卒業するか、編入試験を突破しなければならない。

生活の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ