生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 ズームを使ったビデオ会議に参加するジョンソン英首相=5月27日、ロンドン(ロイター=共同)
拡大
 ズームを使ったビデオ会議に参加するジョンソン英首相=5月27日、ロンドン(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】新型コロナウイルス感染防止のための外出規制をきっかけに、ビデオ通話は世界中で利用が広がり、ビデオ会議システムを運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは急成長した。一方でズームを使ったイベントで勝手に映像を流す嫌がらせ行為も問題化、安全性の強化を図っている。

 ズームは使いやすさや接続の安定性が評価され、1日当たりの会議参加者数は昨年12月の1千万人から4月に3億人超と急増した。しかし公開イベントでポルノや白人至上主義者の映像などを流す「ズームボミング(爆撃)」も相次ぎ、一部の企業や教育機関が安全性を理由にズームの利用を制限した。

生活の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ