経済 経済 新商品

  • 印刷

 羽田空港のターミナルビルを運営する日本空港ビルデングが4日発表した2020年3月期連結決算は、純利益が前期比84・8%減の50億円だった。新型コロナウイルスの世界的な流行で利用客が減少し、商業施設の物品販売が低迷した。

 19年3月期は東京国際空港ターミナル(TIAT)の連結子会社化による特別利益を計上しており、反動減も影響した。

 売上高は8・7%減の2497億円、本業のもうけを示す営業利益は56・0%減の98億円だった。

 21年3月期の業績予想は、新型コロナの影響が見通せないため未定とした。

経済の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ