国際

  • 印刷

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党統一戦線部は5日、報道官談話を出し、韓国の脱北者団体による北朝鮮批判ビラ散布を改めて非難した。金正恩党委員長の妹、金与正党第1副部長が対南政策を統括していると明らかにし、最初の対抗措置として開城の南北共同連絡事務所の撤廃を予告した。朝鮮中央通信が伝えた。

 与正氏は4日に談話を発表し、韓国政府が再発防止策を取らなければ、緊張緩和に向けた南北軍事合意の破棄もあり得ると警告。韓国政府はビラ散布などを禁じる法整備を進める方針を表明していた。北朝鮮側は韓国の文在寅政権に対する圧迫を一層強めた形だ。

国際の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ