国際

  • 印刷
 5日、米ワシントンのホワイトハウス近くで抗議する人たち(AP=共同)
拡大
 5日、米ワシントンのホワイトハウス近くで抗議する人たち(AP=共同)

 【ワシントン、ニューヨーク共同】米中西部ミネソタ州ミネアポリス市近郊で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件に端を発した人種差別解消を訴えるデモは5日も全米各地で続き、11日連続となった。前週末にかけて一気に拡大したことから当局は暴徒化などを警戒。首都ワシントンで6日に予定されるデモは最大規模になるとの見通しが出ている。

 一方、国防総省は5日、デモに伴う混乱に備えワシントン近郊に動員している軍部隊のうち、憲兵隊を東部ニューヨーク州の基地に帰還させる方針を明らかにした。人数は不明。ロイター通信によると別の部隊も戻る予定。

国際の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ