国際

  • 印刷
 29日、アフガニスタン南部ヘルマンド州で起きた爆発で負傷した少年(右)(AP=共同)
拡大
 29日、アフガニスタン南部ヘルマンド州で起きた爆発で負傷した少年(右)(AP=共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタン南部ヘルマンド州の市場で29日、ロケット弾4発が着弾後、爆発物を積んだ車が爆発し、州当局によると少なくとも市民ら23人が死亡、15人が負傷した。

 AP通信によると、現場は反政府武装勢力タリバンの支配地域で、政府側とタリバンの双方が互いの犯行だと非難し合っている。州当局の声明では、車の爆発によりタリバン戦闘員2人も死亡したが、政府側は攻撃を行っていないとしている。

 タリバンと政府は、停戦に向けた協議を開く方針だが、5月下旬に一時停戦して以降、戦闘を再開。一方、双方は協議の前提となる互いの捕虜の解放を進めている。

国際の最新
もっと見る

天気(8月15日)

  • 35℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ