生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 青森県が独自に開発したサクランボ「ジュノハート」の初競り=30日午前、青森県・八戸市中央卸売市場
拡大
 青森県が独自に開発したサクランボ「ジュノハート」の初競り=30日午前、青森県・八戸市中央卸売市場

 青森県が開発したサクランボ「ジュノハート」の初競りが30日、八戸市中央卸売市場であり、上級ブランド「青森ハートビート」15粒入り1箱に30万円の値が付いた。ジュノハートは今回初めて県外に出荷され、県関係者は高値に「期待の大きさの表れだと思う」と喜んだ。

 ジュノハートはハート形の大粒で、糖度約20%と甘みが強い。中でも直径31ミリ以上と特に大きく、色つやの良いものに上級のブランド名を付けた。7月1日以降、東京と大阪で販売する。

 競り落としたのは、千葉市の仲卸会社「長塚青果」。同社八戸支店の梅田信弘支店長は「県外デビューに向け、注目を集めてほしい」と話した。

生活の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ