社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)から現金を受け取ったとされる地元議員らの刑事処分は、広島地検が出すことが3日、関係者への取材で分かった。一方、東京地検特捜部は、夫妻が逮捕容疑以外にも買収目的で現金を配っていた可能性を含めて詰めの捜査を進めており、8日に公選法違反罪で起訴する方針。

 公選法は、買収目的と知りながら現金を受け取る行為も被買収として禁じており、罰則は3年以下の懲役か禁錮、または50万円以下の罰金。地元議員らの刑事処分は8日以降となる見通し。

社会の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 8℃
  • ---℃
  • 80%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ