総合 総合 詳報

  • 印刷
 米大リーグのキャンプが再開し、打撃練習に臨んだエンゼルスの大谷翔平=3日、アナハイム(代表撮影・共同)
拡大
 米大リーグのキャンプが再開し、打撃練習に臨んだエンゼルスの大谷翔平=3日、アナハイム(代表撮影・共同)

 【アナハイム共同】米大リーグで一昨年の右肘手術からの投手復帰を目指すエンゼルスの大谷翔平が3日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月中旬に中断していたキャンプの再開に臨み、投球練習や打席に立っての投球への目慣らしなど、初日から投打の「二刀流」で調整した。

 コロナ対策として練習は少人数のグループで区切られ、大谷は個別でウオーミングアップを行った。キャッチボールや遠投で肩をつくり、ブルペンでは捕手を座らせて全球種を37球投げた。

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ