国際

  • 印刷

 【テヘラン共同】イラン原子力庁の報道官は5日、同国の核開発の中枢を担うナタンズの核関連施設の火災は、ウラン濃縮に使う高性能の遠心分離機を組み立てるための建物で発生し「金銭的に重大な損失」を被ったと述べた。国営イラン通信が報じた。遠心分離機の開発ペースが遅れる可能性があることも認めた。

 報道官は火災原因は明らかにしなかったが、複数の関係筋によると、当局は遠心分離機を標的にした何者かの破壊工作との疑いを強めており、サイバー攻撃の可能性も視野に捜査している。

 イランはナタンズでウラン濃縮に加え、濃縮能力を増強しようと遠心分離機の性能向上に力を注いでいる。

国際の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ