社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 大阪市港区に係留中の船で男性作業員3人が倒れ、死亡した事故で、3人が見つかったタンク内の酸素濃度が薄い状態だったことが6日、大阪府警への取材で分かった。酸欠状態だった可能性があり、府警は業務上過失致死容疑を視野に経緯を調べている。

 府警によると、死亡したのは大阪市西成区の船修理会社「潮マリン」社長の箱崎敏さん(70)と、社員の内村幸夫さん(49)、畑浩一さん(53)の3人。タンクは船の内部にあり、深さ数メートル。6日午前8時ごろから作業員6人でタンクに通じる穴にホースを入れ、中の水を吸い上げる作業をしていた。

社会の最新
もっと見る

天気(8月15日)

  • 35℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ