国際

  • 印刷

 【ロンドン共同】中国の劉暁明駐英大使は6日、香港国家安全維持法(国安法)導入に対する英国の対応を巡り「中国へのひどい内政干渉。国際関係の規範を踏みにじるものだ」と改めて批判した。これに対しラーブ英外相は「信頼の問題だ」と真っ向から反論した。ロイター通信が伝えた。

 英政府は、香港に住む「英国海外市民」の英国への受け入れ拡充を進める方針を表明している。劉氏は、実際の受け入れ状況を精査しながら対抗策を検討する考えを示した。

 ラーブ氏は、中英共同宣言に触れ「これは内政干渉ではなく信頼の問題。多くの国は、中国が国際的義務に従っているのか疑問に感じている」と訴えた。

国際の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ