社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 和歌山県紀美野町が発注した橋の修繕工事で入札情報を漏らしたとして、官製談合防止法違反などの罪に問われた元町建設課長井村本彦被告(59)に、和歌山地裁は8日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 また、公契約関係競売入札妨害の罪に問われた建設会社「農地開発」の元社長赤井登被告(59)には懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 判決理由で小坂茂之裁判官は、同じような情報漏えいが繰り返されてきたと指摘、「2人には入札の公正に関する規範意識の緩みがみられ、厳しい非難を免れない」と述べた。

社会の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ