国際

  • 印刷

 【テヘラン共同】イラン核開発の中枢を担う中部ナタンズの核関連施設で2日に起きた火災について、イラン当局が破壊工作とほぼ断定し、敵対するイスラエルや米国が関与した疑いで捜査していることが8日、関係筋の話で分かった。現場では動作試験中だった高性能の遠心分離機などが破壊され、甚大な被害が出たという。

 サイバー攻撃の可能性が指摘されたが、関係筋は否定。施設への侵入などの手口が疑われると述べた。イランは今回の火災を国家安全保障上の重大事と捉え、対応を慎重に検討しているもようだ。

 火災が起きた建物では、ウラン濃縮に使う遠心分離機の開発、組み立てが行われていた。

国際の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ