スポーツ

  • 印刷
 第2ラウンド、2番でティーショットを放つ松山英樹=ミュアフィールドビレッジGC(ゲッティ=共同)
拡大
 第2ラウンド、2番でティーショットを放つ松山英樹=ミュアフィールドビレッジGC(ゲッティ=共同)

 米男子ゴルフのワークデーチャリティー・オープンは10日、オハイオ州ダブリンのミュアフィールドビレッジGC(パー72)で第2ラウンドが行われたが、雷雨による2度の中断があり日没までに33選手が終えられなかった。3位で出た松山英樹は4バーディー、ボギーなしの68と伸ばし、通算9アンダーの135で暫定4位となった。トップとは4打差。 

 23歳のコリン・モリカワ(米国)が66で回り、通算13アンダーで暫定首位。3打差にジャスティン・トーマス、ケビン・ストリールマン(ともに米国)がつけた。(共同)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ