社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 「民族共生象徴空間(ウポポイ)」を視察し、関係者らと話す菅官房長官(左から2人目)。右端は鈴木直道知事=11日午後、北海道白老町
拡大
 「民族共生象徴空間(ウポポイ)」を視察し、関係者らと話す菅官房長官(左から2人目)。右端は鈴木直道知事=11日午後、北海道白老町

 アイヌ文化の継承と国民理解促進の拠点として北海道白老町に整備された施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が12日開業する。11日にはウポポイで記念式典があり、菅義偉官房長官や萩生田光一文部科学相らが参加。アイヌの遺骨が集約された慰霊施設や国立アイヌ民族博物館などの主要施設を視察した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で2度にわたって開業が延期されていた。

 式典で菅氏は「国内外から1人でも多く訪れてアイヌ文化の素晴らしい体験をし、民族共生の理念に共感してもらえるよう全力で取り組む」とあいさつした。

 ウポポイは「先住民族アイヌ」をテーマとした初の国立施設。

社会の最新
もっと見る

天気(8月10日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ