スポーツ

  • 印刷
 キャッチボールで笑顔を見せるヤンキース・田中=ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)
拡大
 キャッチボールで笑顔を見せるヤンキース・田中=ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキースで4日の練習中に打球を頭部に受け「軽度の脳振とう」と診断された田中将大投手は11日、ニューヨークの本拠地ヤンキースタジアムでキャッチボールを行った。

 球団によると、9日に再開していた。11日は雨が降る中、外野で通訳を相手に軽めに投げた。田中はツイッターに「ここまで順調にプログラムを消化できています。当たった場所が場所なだけに慎重に進めていかなければいけませんが、キャッチボールも3日連続で行えています」と記した。

 リーグが定める脳振とうからの復帰過程は終わっておらず、自転車などで有酸素運動を継続しているという。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ