国際

  • 印刷
 白煙を上げる強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」(奥)=12日、サンディエゴ(AP=共同)
拡大
 白煙を上げる強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」(奥)=12日、サンディエゴ(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州サンディエゴの海軍基地に停泊していた強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」で12日、爆発を伴う火災があり、乗組員ら21人が負傷し病院で手当てを受けた。米海軍と地元消防当局が明らかにした。負傷者はいずれも命に別条はないとしている。

 米メディアは、艦船から灰色の煙が激しく立ち上り、船艇が海上から放水して消火に当たる様子を映像で伝えた。当時は約160人が乗っており、全員下船して所在が確認されているという。当局が、爆発や火災が起きた詳しい原因を調べる。ボノム・リシャールは定期の点検・補修作業中だったという。

国際の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ