社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 東京検察審査会に審査を申し立て、記者会見する市民団体の岩田薫共同代表(中央)ら=13日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
拡大
 東京検察審査会に審査を申し立て、記者会見する市民団体の岩田薫共同代表(中央)ら=13日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 市民団体のメンバーらは13日、賭けマージャンをしたとして賭博容疑などで告発した東京高検の黒川弘務前検事長と記者ら3人を不起訴とした東京地検の処分を不服として、東京検察審査会に審査を申し立てた。

 市民団体の岩田薫共同代表は東京都内で記者会見し「検察は身内に極めて甘く、納得できない。市民目線で判断すれば、不起訴不当か起訴相当の結論が出ると思っている」と述べた。

 4人を常習賭博容疑で告発していた岐阜や東京の弁護士計4人も同日、同様に審査を申し立てる書面を郵送した。

社会の最新
もっと見る

天気(8月10日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ