スポーツ

  • 印刷
 オンラインで現役引退の記者会見をする栃煌山。左は春日野親方=15日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)
拡大
 オンラインで現役引退の記者会見をする栃煌山。左は春日野親方=15日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)
 栃煌山
拡大
 栃煌山

 日本相撲協会は15日、大相撲の元関脇で西十両2枚目の栃煌山(33)=本名影山雄一郎、高知県出身、春日野部屋=の現役引退と年寄「清見潟」の襲名を発表した。今後は部屋付きの親方として後進の指導に当たる。

 オンラインで記者会見した栃煌山は、7月場所(19日初日・両国国技館)の番付で昨年九州場所以来の十両転落となり決断したという。「次に落ちた時に区切りをつけようと思っていた。逃げずに真っすぐに自分の相撲を取りきることを、ずっと心に思っていた」としみじみ話した。

 思い出の一番に、金星を獲得した昨年初場所の横綱稀勢の里(現荒磯親方)戦を挙げた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月11日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 37℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

お知らせ