経済 経済 新商品

  • 印刷
 大和ハウス工業が米国に建設する高層マンションのイメージ(左)
拡大
 大和ハウス工業が米国に建設する高層マンションのイメージ(左)

 大和ハウス工業は15日、ニューヨーク市中心部のマンハッタンに富裕層向け高層マンションを建設すると発表した。41階建てで総事業費は約400億円。平均販売価格は日本円換算で2億3千万円程度という。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いているが富裕層向けの不動産需要は底堅いと判断した。国内市場が縮小傾向にある中、米国で事業拡大を目指す。

 米国の不動産市場を巡っては、1980年代に日本の大手企業の参入が相次いだが、バブル崩壊で撤退や大幅な事業縮小を迫られた。近年は三井不動産がオフィスビルを手掛けたり、三菱地所がマンション開発に乗り出したりするなど活発化している。

経済の最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ