社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 「御巣鷹の尾根」に立つ慰霊碑に手を合わせる美谷島邦子さん=25日午前、群馬県上野村
拡大
 「御巣鷹の尾根」に立つ慰霊碑に手を合わせる美谷島邦子さん=25日午前、群馬県上野村

 乗客乗員520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から8月で35年になるのを前に25日、墜落現場となった「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)で遺族と関係者だけが入山する慰霊登山が始まった。遺族らでつくる「8・12連絡会」事務局長の美谷島邦子さん(73)らが登山道を歩き、尾根に立つ慰霊碑に手を合わせた。

 慰霊登山は例年事故当日の8月12日前後に集中しているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大と、昨年の台風19号による登山道被害の影響を考慮し、7月25、26日と8月11~13日に分散し、遺族と関係者のみが入山できる日程を決めた。

社会の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ